マーケティングオートメーションツールのメリット

マーケティングオートメーションツールを導入することで、企業にはさまざまなメリットがあります。マーケティングオートメーションツールに備わっている機能は、企業におけるマーケティング活動を手助けするだけでなく、さらに集客や広告効果を上げられるものばかりです。

マーケティングオートメーションツールの最大のメリットは、これまでマーケティング担当者によって違っていたマーケティングの数々を、ソフト一つに集約できることです。見込み客のあらゆる行動履歴がマーケティングオートメーションツールで一括管理できるため、見込み客のニーズに合わせた広告を提供できます。見込み客の求めるタイミングを逃さず、タイムリーに情報を提供できるため、キャンペーンの効果がアップします。

また、マーケティングオートメーションツールのもう一つのメリットは、営業部門との連携が簡単にできる事です。大企業になればなるほど、営業部門とマーケティング部門の情報共有が上手くいかず、機会損失につながります。マーケティングオートメーションツールを導入する事で、情報共有がスムーズに行えます。見込み客へのアプローチがしやすくなったり、潜在的な見込み客の行動履歴などの情報を共有することで、マーケティングの予算配分や、より効果的なキャンペーンが展開できるようになります。

マーケティングオートメーションツールの機能

マーケティングオートメーションには、マーケティングに必要なさまざまな機能が求められます。マーケティングオートメーションツールには、顧客を獲得し、分類、管理するためのいろいろな機能が備わっています。

マーケティングオートメーションツールには、目的に合わせたさまざまな機能があります。まず、集客や問い合わせなどを管理する、見込み客を獲得するための機能です。この機能は、集客に役立つオウンドメディアの構築を始め、検索エンジンからの集客流入につながるSEO分析機能や、SNS対応をすることができます。

また、マーケティングオートメーションツールにはメール配信やキャンペーン管理といった機能もあり、これは見込み客育成のために役立ちます。また、見込み客の属性や行動をもとに、顧客に点数を付けて絞り込むリードスコアリングの機能も、マーケティングオートメーションツールには欠かせません。

こうして得た見込み客の情報を一貫して管理するための機能もマーケティングオートメーションツールには備わっています。特にCRM/SFA連携というのは、見込み客の情報をマーケティングと営業に連携させることができるため、スムーズな顧客管理に大いに役立ちます。マーケティングオートメーションツールには、企業のマーケティングに役立つこうしたさまざまな機能が備わっています。

マーケティングオートメーションツールって何?

マーケティングオートメーションとは、現代の企業のマーケティング活動において、なくてはならない手段です。マーケティングオートメーションは、顧客一人一人それぞれのニーズに合わせて行っていた従来のマーケティングを自動化する仕組みです。これまでマーケターが人力で行ってきた業務を、ツールが代わりに行います。マーケティングオートメーションは、見込み客の獲得から育成、選別といった、人力で行うには手間がかかるマーケティング施策を全て一元化できるとして期待されています。

マーケティングオートメーションを導入する事で、企業はより効率よく利益を上げられるようになりました。マーケティングオートメーションは、マーケティングや営業など、これまで時間と手間がかかっていた作業を効率化してコストを下げる事が可能です。この先、企業がより低いコストで効率的な利益を上げるには、マーケティングオートメーションの導入は必要不可欠です。そのために必要なツールの数々が海外で開発され、日本市場に参入を始めました。

大手企業をはじめとして、これらのマーケティングオートメーションツールを導入している企業は増加しており、今後マーケティングオートメーションはさらに一般化していくことが予想されます。マーケティングオートメーションを成功させるためには、マーケティングオートメーションツールの活用は必須です。当サイトでは、マーケティングオートメーションツールの機能や、導入のメリットについて解説していきます。